History 中学・歴史の学習 リンク Topへ このサイトについて
LastUpDate 2018/04/03

日本の歴史・世界の歴史勉強サイト

中学生の勉強の味方! 毎日の学習から、中間期末対策、そして高校受験勉強まで

新着 選択問題 大正デモクラシー

問についての答、またはかっこに入る適切な語句を選択肢から選べ

第一次護憲運動によって退陣した内閣総理大臣はだれか。


×
×
×
答:1
 日露戦争前後には、藩閥と政党中心の内閣が交互に政権を担当したが、1912年立憲政友会の内閣が倒れて藩閥の桂太郎が首相になると第一次護憲運動が起こり桂太郎内閣は退陣した。

米の買い占めによる米価高騰から米騒動が起きたが、米の買い占めの原因は何か。

×
×
×

答:4
 第一次世界大戦中、日本は好景気になって物価が上昇した。さらにシベリア出兵をみこして米の買い占めが行われたため米価が高騰し米騒動が全国に広がった。

寺内正毅内閣が米騒動によって退陣した後、首相になった原敬が行ったのは何か。

×
×

×
答:3
 原敬は大部分の大臣を衆議院第一党である立憲政友会の党員で占める内閣を作った。

吉野作造が主張したのは何か。

×

×
×
答:2
 吉野作造の民本主義と、美濃部達吉の天皇機関説はデモクラシーの思想を広めるうえで大きな役割をはたした。

部落差別問題の解決をめざして1922年に結成された組織は何か。

×
×
×

答:4
 1922年に京都で結成された全国水平社は部落解放運動をすすめた。

平塚らいてうがが行ったのは何か。

×
×
×

答:4
 1911年平塚らいてうは青鞜社を結成し「元始、女性は太陽であった・・・」と宣言した、さらに1920年に新婦人協会を設立して女性解放運動をすすめた。

1925年に成立した、共産主義を取り締まるための法律は何か。

×
×

×
答:3
 1925年に成立した治安維持法は共産主義を取り締まるための法律だったが、その後改訂が行われ社会運動全般の取り締まりに利用された。

第二次護憲運動によって首相になった加藤高明内閣が1925年制定した普通選挙法で選挙権が認められたのはだれか。

×

×
×
答:2
 加藤高明内閣は1925年、納税額による制限を廃止して満25歳以上男子に選挙権を与える普通選挙法を成立させた。

スポンサードリンク