History 中学・歴史の学習 リンク Topへ このサイトについて
LastUpDate 2018/01/16

天保の改革など

問についての答、またはカッコに入る適切なものを選択肢から選べ。

19世紀になり、ロシアやイギリス、アメリカなどの船が日本の沿岸に近づくようになって幕府はどんな法令を出したか。

×
×

×
答:3
 外国の船が日本沿岸に近づくようになり、イギリスの軍艦が長崎の港に侵入する事件(フェートン号事件)などがおこり、1825年、幕府は異国船打払令を出した。

蘭学者の渡辺崋山や高野長英はなぜ処罰されたのか。

×
×
×

答:4
 蘭学者の渡辺崋山や高野長英は異国船打払令を批判したため処罰された。これを蛮社の獄という。

大塩平八郎はなぜ乱をおこしたのか。

×
×
×

答:4
 1830年代天保のききんがおこり多くの餓死者が出て百姓一揆や打ちこわしが増えた。奉行所の対応に不満を持った大塩平八郎は苦しむ人々を助けるため乱を起こしたが1日で鎮圧された。

天保の改革を行った老中はだれか。

×
×

×
答:3
 天保の改革では倹約令を出し、物価の上昇をおさえるため株仲間の解散を命じ、江戸に出稼ぎに来ている農民を村に返した。しかし改革は2年あまりで失敗した。

アヘン戦争で清がイギリスに敗れると幕府はどのような対応をとったか。

×

×
×
答:2
 大国の清がイギリスに負けたことに衝撃を受けた幕府は異国船打払令をゆるめ天保の薪水給与令を出した。

渋染一揆を起こしたのはどの身分の人々か。


×
×
×
答:1
 岡山藩の倹約令の、えた身分だけを対象にした命令に対して百姓と別あつかいしないで欲しいという嘆願書を出し、それが拒否されると一揆を起こした。

西南雄藩ではないのはどれか。

×

×
×
答:2
 独自の改革に成功した、肥前や薩摩、長州などは経済力をつけ、軍備を強化した。

スポンサードリンク

無料アプリ

関連コンテンツ